WebRTCコールセンターでお客様との接点をより多く、より深く。

  • WebRTC
  • WebRTCとは何ですか
    17-01-2016

    WebRTC(Web Real-Time Communication)とは、World Wide Web Consortium (W3C)が提唱するリアルタイムコミュニケーション用のAPIの定義のことです。WebRTCにより、プラグイン無しにウェブブラウザ間のボイスチャットやビデオチャット、ファイル共有ができます。

  • WebRTCのメリットは何ですか
    18-01-2016

    顧客側としては、プラグインのインストールや初期設定なしにWebサイトやアプリケーションからワンクリックで簡単に助けを得られるメリットがあります。また高品質な音声・ビデオチャットにより、オペレーターの顔を見ながら話ができる安心感、また画面共有により疑問点や見ているページについて何度も説明せずに素早く問題を解決できるといったメリットがあります。

    企業(オペレータ)側は、画面共有によりオペレータが即座にユーザの状況を把握できるため、説明や状況把握に時間がかからなくなり、着信番号課金を削減できます。WebRTCによる音声・ビデオチャットを使用する場合は、着信番号課金そのものをカットできます。また顧客の問題を速やかに解決できるため顧客エンゲージメントを向上できます。

  • なぜ企業は今WebRTCソリューションを導入すべきなのですか
    25-01-2016

    これまで企業サイトの主な目的は「企業の情報を発信すること」でしたが、今や企業サイトは「顧客とのコミュニケーションの場」に代わろうとしています。

    2016年中には60%以上の顧客が、企業への最初のコンタクトにモバイルアプリを使用するとも言われています。また、ソーシャルメディアとWEBからの問い合わせも増加し続けています。ある統計では、72%の顧客が企業とのコンタクトにWEBもしくはソーシャルメディアを利用したいと思っており、そのうちの82%は実際にそうしているというデータが出ています。

    さらに、インターネット上でのコミュニケーションにビデオチャットが使用される率が増加しており、この動きが WebRTCの登場で、より一層加速すると言われています。

     

    このような背景から、WebRTCソリューションによりWebやモバイルアプリでの顧客対応を可能にすることは、企業にとって重要なテーマの一つとなっています。

.