WebRTCコールセンターでお客様との接点をより多く、より深く。
  • CafeX ソリューション
  • CafeXが提供するソリューションの差別化ポイントは何ですか

    CaféXのソリューションは、簡単に使用できる幅広いAPIとパッケージアプリケーションと組み合わせ、マルチチャネルサポートと真のオムニチャネルソリューションを構築するための総合的なコンテキスト共有を、企業アプリケーションに迅速かつ簡単に追加することを可能にします。

    オムニチャネル

    • 一つのコンタクトセッションで複数のチャネルにわたってシームレスにコンテキストを処理。従来のチャネルと新たなチャネルの間で、ユーザが誰か、コンタクトの目的は何かという情報を保持しながらユーザをトラッキング
    • ユーザがコミュニケーションを取りたいチャネルを決定できるようにし、全てのチャネルを通じて同じ体験を提供
    • セッションの途中でチャネルを切り替え、その時点で最も適切なチャネルでコンタクトを継続することが可能

    チャネル非依存

    • 単一のコールフローセットを構成し、コンタクトをあらゆるチャネルで統合するために使用可能
    • SMS PSTN, VoIP, モバイルセルフサービス等からのコンタクトをサポートするのに追加のコーディングは必要ありません。すべてのチャネルが同一のコールフローエンジンに送り込まれ、同一のコンテキストを生成、供給します。

    埋め込み可能

    • オペレータはコンタクトセンター、CRMパッケージ、スタンドアロンアプリケーションなどと連携し、全てのチャネルでコンタクトを取ることが可能

    簡単でパワフル

    • SDKはたった1,2行のコードの簡単な組み込みを可能にします。
    • 幅広いAPIが特定のニーズに合わせて柔軟なオーダーメイドの実装を可能にします。
  • CafeXソリューションは企業にどんな価値を提供しますか

    CaféXは、企業がオンライン上の顧客エンゲージメントやモバイルワーカーとの連携を簡単に強化できるソフトウェアを開発しています。CafeXソリューションは企業に以下のような価値を提供します。

    • 顧客とのコミュニケーションの場で売り上げを獲得することによりクロスセル率の向上と売り上げ成長を促進
    • 既存のアプリをよりインタラクティブでパーソナライズされたものにし、モバイル戦略を強化
    • 既存のコンタクトセンターをそのまま利用し、インフラ、デバイス、プログラムロジックを連携
    • IVRにかかる時間を最小化、長時間待つことや分かりにくいメニューを避けることによるカスタマーエクスペリエンスの差別化
    • 在宅ワーカーの生産性を向上、企業ナレッジの有効活用
    • OTTコールのサービスコストを削減、初回解決率(FCR)の向上、通話時間の削減
    • デバイスに依存しない「クライアントレス」アプリベースのリアルタイム・コラボレーションを可能にし、B2C、B2BおよびB2Eインタラクションを強化
    • フレキシブルな勤務体系の強化と事業継続ソリョーションを提供
    • 小規模な開発者向けオプションを含むあらゆる規模の組織に対応したシームレスなスケーリングが可能